独身アラフォー女医のガチ日記♡

独身アラフォー女医です。ガチで書きます。

耳鼻科医のつぶやき

「アラフォー女医がガチで書きます」

みたいなことをかかげてブログを書いてるのに、内容はつたない自炊の話とかテレビの話とかばっかりでアレなので、たまにはお医者さんとしてのつぶやきを・・・

 

 

マツコ・デラックスさんがめまいで入院されて、無事に退院して復帰なさったそうで

 

前に澤穂希さんがめまいになったりして、テレビで報道されて「良性発作性頭位めまい症」だと言われてたりして、そんな病気あるんだーって思ったひともいらしたのではないでしょうか

耳鼻科医にとっては、「リョーセーホッサセートーイメマイショー」というワードは週に5回くらいは発声している超身近なものです

頭の位置をパッと動かすと、くるっと目がまわるってゆーやつですね

 

さて、マツコさんの病気は「前庭神経炎」であると報道されてますね

ほんとにそうなら、めまいのはじまりは相当激しくまわったことかと思います

マツコさんの大きなお身体でグルングルン回っちゃって歩けなくなったら、そりゃあ大変だったろうなー

前庭神経炎は、すっごく珍しいわけではないけど、最近はあんまり診ないかも

その説明として「三半規管に菌が入って腫れ上がる」などと報道されていますが、それはウソです

三半規管に菌が入るなとどと聞くと、耳鼻科医は震えあがります

さらに、三半規管が腫れ上がるって、どんな状態?こわいんですけどー

って思います

ほんとに細菌性の感染なら「細菌性内耳炎」によるめまいってことになりますが、その場合は普通は中耳炎から波及することが多くて、聞こえの神経細胞にも影響が及ぶので、耳が聞こえにくくなります

芸能人にとっては、聞こえもすごく大切なので、細菌性の感染症なら難聴のことにも言及されるでしょうから、多分ちがいますね

そもそも前庭神経炎は難聴を伴わないので、病名とも合わないですね

あと、三半規管は硬い骨に囲まれてる組織なので、腫れ上がるというのはなかなか恐ろしい状態です

みたことないです

 

なので、前庭神経炎だとすると、もともと風邪をひいていて、咽頭などからウイルスが体内に侵入し、血行性に三半規管にも影響を及ぼしたのだろうと思われるのですが、そもそも前庭神経炎と風邪のウイルスの因果関係って証明されてるんだっけ?多分原因不明の病気です

先行する風邪症状が多いのはたしかなので、多分関係あるんだろうけど、ウイルスが直接三半規管に障害を加えているかどうかはわからないですね、まだ

 

きっと、マツコさんを診た医者は、わかりやすい説明をしようと思って「感染がきっかけで三半規管に炎症が起きた」ということを伝えたところ、上記のような報道になってしまったのでしょう

病気の説明を、医学的知識がない患者さんにわかりやすく説明しようと思うと、そうなっちゃうことありますね

患者さんて「原因はなんなんですか?原因は?原因は?」って、詰め寄ってくるのですが(失礼)、原因をはっきりと断言できる病気って、そんなに多くないんですよね

でも、テレビで報道されるときに誤った表現で説明されてしまうと、赤面しちゃいますね

それはちがうんだよー!と、叫びたくなる

 

 

あと、貴ノ岩の診断書の「髄液漏」のとこをどの局も「ずいえきもれ」って読んでるけど、「ずいえきろう」じゃないかな?

 

そして、髄液って脳脊髄液だから、ほんとに漏れてたらもうちょっと治癒に時間がかかるような気がします

耳鼻科の範囲で髄液漏といえば、耳とか鼻とかから水みたいな液体が垂れてくることなんですが、耳の場合はまあわかりやすいけど、鼻の場合はもともと水っ洟だったら水みたいな液体だから見分けつかないですよね

だけど、髄液って糖が入ってるので(血糖とか尿糖のトウ)甘いらしいです

あたしは髄液漏になったことないので、味はわかりませんが

どうやって調べるのかというと、健康診断とかで尿糖をチェックする検査用の細長い紙があるのですが

【第2類医薬品】新ウリエースBT 50枚

こんなやつも市販されてますね

 

これを、甘い鼻水や耳から出た液体に浸して、色が変わったら「糖あり!」となり、普通の鼻水とか耳漏には糖は入ってないので、「髄液漏である!」と大騒ぎになるわけですね

 

髄液漏は原因不明の特発性もあるけど、多くは外傷性とかとにかく頭蓋骨とか脳のまわりのどこかの組織にヒビ(骨折)や欠損が起きた時に発症するので、そんで髄液が漏れてるところから逆に細菌などが侵入すると頭蓋内に感染症を起こしてしまい、重症になってしまうので、もし髄液漏が明らかで、しかも安静にしてても自然に治らない場合は、手術をして漏れているところを塞がなくてはなりません

というわけで、耳鼻科医は髄液漏を見つけたら「てえへんだ!てえへんだ!」とさわぐことになります

 

 

 

そんなことをぼーーっと考えながら、テレビを見ながら、漫画を読んでたりします

 

 

けど、ニュースとかで耳鼻科の病名が出てくると、患者さんに「歌手の〇〇さんが突発性難聴になったってやってたでしょ?同じ病気ですね」とか言えるので、患者さんも「あれね!同じですね」ってなぜか病気なのにちょっと嬉しそうにしてたりして、不謹慎ながらも空気がなごむので、ありがたい面もあります

病気にならないに越したことはないけど、同じ病気でがんばってる人がいる、って思うとなんとなく救われるところもありますよね

 

かく言うあたしも、めまい持ちです

たまにぐるぐる回ります

 

多分、めまいの人っていっぱいいるんだろうな

 

 

たまには医者らしいことを書いてみました

 

 

 

 

よい日曜日を!